Daily Archives: 2017.10.17

その他の後遺障害

むち打ち交通事故による後遺障害にはさまざまな種類があるのですが、その中でも一番多いのはむち打ちです。これはしびれや痛みが残ってしまうという神経障害のことです。病院で診断を受けると頚椎捻挫腰椎捻挫外傷性頚部症候群と呼ばれることがあります。こちらでは12級13号か14級9号に認定されることが多いです。14級というのはすべての等級の中でも半数以上の件数を占めています。12級13号に認定される方がより多くのお金を受け取ることができます。しかし、そのためにはしっかりと根拠を医学的に説明できなければいけません。事故のあとにすぐに病院へ行くことが重要です。

後遺障害によって精神の障害を受けることがあります。その中でも最も多いのは高次脳機能障害です。これは脳に損傷を受けた被害者が、一見すると回復したように見えても実際には人格や記憶力などに影響が出てしまうという症状のことです。1級から9級までさまざまな等級が当てはまります。記憶障害や注意障害といった認知障害、あるいは子供っぽくなってしまうような行動障害などのケースがあります。場合によっては介護が必要となります。

その他の後遺障害としては、関節の機能障害が多いです。交通事故によって関節に影響を受けてしまいます。